中古車は売却の時期で失敗する事があります。査定金額が大きく変わるので注意!

 


 

 

 

 

 

 

車売却を高額で査定してもらうためのチェックポイント

 

 

 

自分の所有している車が高額査定になるかどうか、あまり知識がない人でも簡単に確かめる方法
があります。

 

確認すべき事項は車の走行距離、内装、外装、純正品、付属品、エンジンまわりです。

 

 

走行距離

 

まず走行距離ですが、現状で何kmになっているでしょうか。
そして査定に出す車の年式は何年でしょうか。

 

 

 

km数を年式で割り算し、1年あたり普通自動車の場合は10、000kmより短い、
軽自動車の場合は8、000kmより短い場合は査定額が高くなる傾向があります。

 

内装と外装

 

次に内装と外装ですが、いずれも状態は良いに越したことはありません。
内装は汚れ、破れ、穴、ペットやタバコのニオイがないと査定額が高くなりやすく、
外装は大きな傷や凹みがなければ高値が付きやすくなるでしょう。

 

 

純正品に関しては、装備しているか、カスタマイズしていても保管してあればマイナス査定には
なりません。カスタマイズによる穴をあけていない場合にも、減額されることはまずないでしょう。

 

 

 

付属品も同様に、すべて残してある場合にはマイナス査定になりません。
スペアキー、取扱説明書、整備手帳・保証書といった
車の購入時の付属品があるか確認しましょう。

 

エンジンまわり

 

最後にエンジンまわりですが、エンジンは正常に始動し異音がしないか、エンジンルームの中に
ある各装置に異常はないか、汚れがひどくないか、オイルやガスもれがないか
チェックしてみてください。とくに問題がなければ査定での評価が良くなる可能性が高いです。

 

 

失敗はこうして起る


今まで乗っていた中古車が、もっと高く売れたはずなのに…

適正な相場を知らなかったばかりに、相場以下の価格で下取に出したり、

車買取店に出してしまってから、もっと高く売れることを知って 失敗した…という話をたくさん耳にします。

様々な人から車下取・車買取での失敗談を聞いてみると、失敗の原因は、情報不足と時間的なあせり、間違った情報がほとんどだということを知っておきましょう。

 

 

車売却のデメリット