中古車の価格の仕組み1

 


 

 

 

 

 

 

買取・査定価格の仕組み

 

買取・査定価格の仕組みについて簡潔に説明します!
※買取価格≒査定価格なので以下「査定価格」で統一します。

 

皆様は「オートオークション」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?


オートオークションは中古車の競(セリ)を行う場所で買取業者や中古車販売業者、輸出業者、新車ディーラーなどが会員登録してオークションに参加します。

 

ヤフーオークションなどのインターネットオークションと仕組みは同じと考えてもよいです。
※もちろん細かい部分では違いがあります。

 

そして査定価格はこのオートオークションでの取引価格(相場)を基に決まります。
※この取引価格が全てとまでは言い切れませんが非常に重視されます。

 

よってオートオークションでの取引価格(相場)から買取業者の利益を差し引いた価格が査定価格となります。

 

査定価格の仕組み理解できましたか?

 

はい!であれば次項の買取業者の特徴

 

以下は余談です。

 

ここでは「あなたの愛車今いくら?」でもチョット触れた『中古車市場での「人気」があなたの愛車の価格(価値)を決めるのです!』について。

 

まずオートオークションでの取引価格(相場)が形成される要素を考えて見ましょう!

 

まずインターネットオークションをイメージしてみてください!(中古商品)

 

エルメスのバック、ノートPC…

 

あなたが落札する場合、何を重視して値段を決めますか?

 

私なら商品の状態を重視します。

 

そして条件の近い過去の落札価格などを考慮して○○円なら欲しいと思います。


そしてそしてインターネットオークションの場合は出品者の評価も重要ですね!

 

これをオートオークションに当てはめてみると

 

オートオークションには出品者の評価はないので、この点は大きく違います。

 

そうそう重要な要素がもう一つ!

 

それは「人気」です。

 

欲しい人が多いほど落札価格は高くなります。


インターネットオークションでもオートオークションでも同様です。

 

オートオークションの場合「人気」を左右する大きな要素は「車種」になります。

 

わざわざ説明しなくても理解されていると思いますが少しだけお付き合い下さい。

 

便宜上「新車価格」、「走行距離」などまったく同じ条件の車があったとします。

 

一方の車種は「100万円」で落札されましたがもう一方の車種は「50万円」で落札なんてこともあります。

 

さらに細かく見て行くと「車の外装色」もかなり「人気」を左右します!

 

同じ車種でも外装色によって「10万円」単位で落札価格に違いが発生します。

 

高級車になればなるほど顕著です。

 

必然ですが「人気」が高い車種であればあるほど査定価格は高くなります。
※「新車価格」、「走行距離」など同じ条件で比較した場合。

 

それと、ここでの「人気」はオークション参加者(販売業者など)での「人気」を指します。


沢山売れているから「人気」があるということではありませんのでご注意ください!

 

買取業者の特徴へ