廃車手続の税金還付等について 


 

 


 

 

廃車手続

廃車手続とは車の使用をやめたとき、車の使用が出来なくなったときに行う手続きのことで、廃車手続には基本的には以下の書類が必要になります。


車検証
ナンバープレート(前後2枚)
車の所有者の実印
車の所有者の印鑑証明書(発行されてから3ヶ月以内のもの)
今年度の納税証明書(車の所有者がディーラー・信販会社名義の場合のみ必要)
住民票又は戸籍の附票(引越し等で印鑑証明書の住所と車検証の住所が異なる場合に必要)


また、住所が変わったのに車検証の変更登録を行ってない場合などで、車検証に記載されている住所と印鑑証明書の住所が違う場合には住民票なども。


廃車手続は各書類の状況によって必要なものもかわってくるので問い合わせて確認してみて下さい。


ちなみに軽自動車で所有者が本人の場合は、

 

印鑑証明書

実印、住民要は不要で認印と車検証のみです。

 

ただ、名義がディーラーや信販会社の場合は乗用車と同様の手続きになるので注意。

 

廃車手続には自動車、バイク、原付、軽自動車など廃車手続の書類や方法が違うのでうが、場合によって得する廃車手続の方法もあるのでよく確認してみて下さい。


あとは運輸支局や自動車登録事務所にいって印紙を購入し、抹消登録する車から取り外したナンバープレートを返却用の窓口へ、最後に自動車税事務所で必要事項を記入し、一時抹消登録証明書と一緒に窓口へ提出して終了っていうのが一般的な流れになっているます。