近くの車買取専門店比較

 


 

中古車の買取り価格・下取り査定について相場表を作成しました。

国産車・外国車ほぼ全ての車種の相場表があります。

 

 

 

 

 

車買取専門店とは?

ここ数年、中古車ガリバーなど車買取専門店が増えてきており、全国に支店を持つ大手も登場し、インターネットなどもフルに活用し、積極的に車の買取を展開しています。

名前どおり、車買取専門店とは、あなたの愛車を買い取ってくれる業者の事を言います。

車を査定し、提示された金額、条件に納得できれば、そのまま愛車を手放し、引き換えに現金を手にすることになります。

次の車の購入費用に査定金額を充当する下取りとは異なります。

最近、車買取専門店が人気になってきた背景には、いくつか理由があるとされていて、1つには中古車市場で人気のあるモデルなど、車種によっては期待以上に高く買い取ってくれるからです。

また、ディーラーでは値の付かないような年式の古い車に査定額が提示されることも珍しくないようです。

このようなことができるのは、車買取業者は買い取った車をオートオークションへ持ち込んだり、車の持ち味を活かして自社で小売り(同業者への転売を含む)するなど、幅広い営業を行なっているためなのです。

現在はオートオークションでの売却が主流となっているようです。

 

車買取と下取りの違いは?

 

新車への買い換えや中古車への乗り換えのとき、あるいは車を完全に手放す場合、通常はそれまで乗ってきた愛車を下取りに出すか、買取専門店などに売却することとなります。

下取りでお悩みの場合には、ディーラー(新車購入)か中古車販売店(中古車への乗り換え)などに愛車を持ち込み、査定してもらいます。

そこで条件が折り合えば、提示された金額を次の車の購入費の一部に充当します。

これに対して、車を買取専門店などに売却し、現金化するのが買取りなのです。

ここで考えたいのが、あなたの愛車が人気車種かどうかということです。

中古車市場で人気のある車は、一般的に新車を扱うディーラーよりも、買取専門店の方が査定価格が高く出る傾向があるようです。その理由は、車の人気度が査定に影響するかどうかの違いにあるようです。

ディーラーでは、基本的にクルマの査定はマニュアルに従って評価されます。仮に市場で人気のあるモデルでも、「人気度」のような主幹的な要素を加点することはないようです。

具体的には、新車価格を基準に、年式やグレード、走行距離、事故歴、全般的な程度などをチェックし、減点法で査定するだけのようで、言い換えると、ベテラン査定士でも新人でも、基本的に同じ査定額が出てきます。

対して、車買取専門店や中古車販売店などでは、中古市場での流通価格を基準に査定します。

現在では、ほぼオートオークションでの落札価格が基準となります。

オークション会場では、中古車市場で高値で売れる車は誰もが欲しがるため、結果として高値で落札されています。

買取専門店では、この金額が査定額に反映され、人気車種はディーラーよりも高い査定額が付く傾向にあるようです。

そのためにも、愛車の人気度、市場価格を調べておく必要があるでしょう。

オートオークションの仕組み

中古車のオークションは、買取店や中古車販売店「中古車・ディーラー情報Carナビ」、近年ではディーラーも参加する車の卸売り市場の事をいいます。

言い換えると魚や野菜の市場と似たようなものです。

オークション会場は全国各地にありますが、車を売りたい業者は近い会場に車(書類)を出品し、そこで競にかけられます。

最も高い金額をつけた業者が落札者となります。

元々、中古車オークションは、中古車販売店、メーカー系ディーラーなどが、互いに車のやりとりをする場だったようです。

そのため、今も一般人は参加出来ないようです。

これも魚や野菜の市場と似ています。

オークションに参加するには会員になる必要がありますが、近年は悪質な業者を排除する目的もあって入会が厳しくなっており、業者であっても誰もが会員になれるわけではないようです。

現在では、オークションのコンピュータ化が進んでおり、オークション会場へ出向くことなく参加できるようにもなっているようです。

中古車を購入する一般ユーザーは、このようなオークションを経て店側が仕入れた(落札)車を買うことになります。

一般の人が愛車をオートオークションにかけたい場合は、代行して出品してくれる業者もあるようです。

 

 

高く売るためのポイント

車買取査定員やディーラー営業マンも人間です。

横暴な態度や無理難問を押し付ける人には「後一押しこのお客のために頑張ろう」という気になれません。

車買取さ定の場合は大切に乗っていたということをアピールするためにもキッチリ洗車をし、事故やコショウに関する正直な申告が必須です。

新車購入や中古車購入の場合にはあらかじめ予算や購入希望時期などをはっきりと伝える事が大切です。

洗車、車内やトランクの整理・掃除

車の売却直前に査定額をアップする方法は、さほど多くないようです。

プロの目は厳しく、日頃どのように車が使われてきたかを見抜いてしまいます。

しかし、担当者の印象を良くすることは大切で、車内の掃除とボディの洗車はしておきたいところです。

プロはボディよりも、むしろ車内の状態を重視します。

そこで、車内にていねいに掃除機をかけておきましょう。

とくに髪の毛などを残さないようにすることが基本でしょう。

シートの下も忘れずに掃除機をかけましょう。

ダッシュボードなどは、化学雑巾でチリを拭き取っておきましょう。
また、臭いも確認をしておきましょう。

タバコの臭いがある場合は消臭剤などを使用した方がいいでしょう。

ボディは、汚れがひどいときは洗車し、艶がない場合は、できればワックスがけをしましょう。

また、ウインドウに貼ったシールは、きれいに剥がしておきましょう。

意外と忘れがちなのがトランクの整理です。

余計な物はすべて出し、スペアタイアと装備されていた工具だけにしておきます。

ボディ細部にサビがあるときは、サビ止め剤を塗っておきましょう。

厳しい担当者ほど、逆に細かな手入れ、配慮をプラス評価してくれます。

 

出来るだけ車内のにおいを取っておく

車を高く売るための基本は、できるだけ自分の痕跡を残さないことが重要です。

これは中古車を購入する側の立場で考えるとわかるでしょう。

車内に他人の髪の毛が落ちていたりするのは、神経質な人でなくとも気になってしまいます。

車内の臭いも禁物だと言えます。

人間の臭覚は、同じ臭いに慣れやすい特徴があり、他人から嫌われる臭いでも自分は気にならず、車にも独特の臭いが染み付いていることがあるようです。

消臭剤などを使い、できるだけ臭いをとりましょう。

強い香りのする消臭剤は逆効果になってしまうこともあります。

臭いを付けるのではなく、あくまでも臭いをとる方向の製品がお勧めでしょう。

においで一番嫌われるのがタバコの臭いです。

タバコの臭いは頑固で簡単に取ることは出来ませんが、近年有効な消臭剤も出てきました。

ただし、車を手放す数ヶ月前から、車内では禁煙をするなどの工夫も必要でしょう。

また、ペットなどの臭いもきちんと対応しましょう。

キズやへこみはどうする?

車はどれほど注意して使っても、年月と共にキズやへこみの1つや2つは作ってしまうものです。

気にしつつも、忙しさなどがあり乗り続けたいけど、査定に出す前に修理したほうがいいかどうか?

こんなときは、修理せず現状のまま査定を受けることが得策でしょう。

最近では、ボディのキズやヘコミを、短時間で安く修理してくれる業者が増えてきています。

とは言っても、小さなキズ1つでも、状態にもよってきますが1万5千円~2万円近い出費は避けらません。

しかも、その修理費用が査定で上乗せさせられることはありません。

車買取専門業者が、自分のところでより安く直すことが出来るからです。

オーナーが手間と費用をかけても割りに合わないようです。

ごく小さなキズの場合、器用な人ならば、手放す愛車への感謝を込めて、市販の補修ペイントでキズを目立たなくするくらいのことはトライしたいものですね。

綿キズ程度なら、数百円の出費で想像以上にうまく補修する事が出来ます。

車検切れが近いとき

愛車の車検の残りが少ない場合、車検を受けてから査定に出したほうが有利だと思う人もいることでしょう。

しかし、車検を通してから査定に出しても、その費用が査定に上乗せさせられることはほとんどないようです。

車検の残りがあと1、2ヶ月しかないような場合、査定額に微妙に影響するのは確かです。

しかし、ディーラーにしても車買取専門店にしても、プロは安いコストで車検を通すことが出来ます。

そのため、仮にオーナーが車検を通すために出費しても査定額にプラスにすることは出来ないのです。

むしろオーナーにとって大切なのは、車検を通すことよりも、日ごろの点検、整備をきちんと行っているかどうかです。

その記録(オイル交換など)が残っている場合は、1つにまとめてアピールすれば、査定担当者に好印象を与えることは間違いないでしょう。

 

 

 

車買取の必要書類

査定額に納得し、車買取専門店への車の売却を決めた場合、普通は担当者の指示に従って進めれば特に問題はありません。

注意したいのは、車を約束した売却日に届けることです。

車は査定を受けた当日が最も高値で、厳密に言うと、以降1日ごとに評価額が下がってしまうようです。

最低でも査定日から1週間以内くらいに届けるべきでしょう。

中古車ディーラーを比べようとするなら、こういった部分にも気をつけるといいでしょう。

それより遅れる場合などには再査定になる可能性もあるようです。

当日は車と一緒に、指示された必要書類を持参し、不揃いの場合、当日の契約が出来ず、悪くするとこちらも再査定になることがあるようなので注意しましょう!

売却日に車両の引渡し、ローン残債がある場合の処理、名義変更の引渡しなどが無事完了した場合、通常は2、3日中売却代金が指定した講座に振り込まれるようです。

希望すれば、その場で現金を手渡してくれる業者もあるので、契約の前に予め確認しましょう!

 

車売却に必要な書類は以下のとおりです。

【普通自動車の売却】

自動車車検証/所有者の氏名、現住所を確認しておきます。紛失の際は運輸支局で再交付を。
実印&印鑑登録証明書/車の名義変更、譲渡証明書などに必要です。
印鑑登録証明書も2通(発行後1カ月以内)入手しておきます。
自賠責保険証明書
自動車納税証明書
売却代金振込み口座番号/メモ書きでOKです。
リサイクル券/預託=支払い済みの場合必要になります。

このほかにも、移転や結婚で姓が変わった場合、次のような書類も必要になります。

(一度の住所変更)
自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が違う場合は住民票

(複数回の住所変更)
戸籍の附票か住民票の除要

(結婚などで姓が変わった場合)
戸籍謄本

【軽自動車の売却】

上記(1)、(3)、(5)、(6)は「普通自動車」と同じで、他に「軽自動車納税証明書」と「印鑑(認印可)」を用意します。

 

ローンの残債はどうなる?

車を売却する際、探せ、中古車と意気込む以外にもに気になるのが、名義変更をはじめとする手続きでしょう。

なかでもローンの残債が心配な人は多いはずです。

車を購入するときに、多くの人がローンを組んで購入をします。

この場合、ローンの支払いを完了しなければ正式な所有者とはなりません。

書類上はローンを組んでいるクレジット会社などの名義です。

本来、車を勝手に売却することは出来ないとされています。

それでも車の下取りや買取りに出すことは可能です。

ローンを完済すればいいのです。具体的に買取専門店の例を見てみましょう。

大きく2つに分かれます。

例えば仮に、ローンの残債が100万円、買取額が150万円と、買取額の方が多い場合です。

このときは単純に買取金額から残債を引いた金額が支払われます。

もう1つはローン残債が買取金額より多いとき、たとえばローン残債が150万円、買取額が100万円のときです。

この場合は、ローン会社へ50万円を支払い、その分を新しいファイナンス会社でローンを組んで支払う方法が一般的です。

要は借り換えをすることになります。

現在はこのようなシステムがほぼ整備され、ローン残債の心配なく車を売却することが出来ます。

 

車買取業者の特徴

買取業者の特徴についてここでは簡潔にご紹介します。

車買取業者の特徴は大きく分類すると、

 

まず上記のタイプは買取車両をオートオークションへ出品して利益を得ます。

このタイプの特徴として買取した車を直ぐに買取・査定の知識をフル動員してオートオークションへ出品するので買取車両を保管するスペースが必要最小限に抑えることが出来ます。

ということは固定経費が少なくて済むのです。
ですので、店舗が小さめのショップなどでは良くされているパターンです。

さらにオートオークションの相場を基に買取を行っているので不確定要素が少ないためにリスクも少なくなります。

ということは、オートオークションの相場より低い価格で車を買い取れば利益が確定します。

言い換えると、オートオークションの相場より高い価格での買い取りは行われないということになります。

次に買取した車を小売する業者については、このタイプは車両を直接小売するので、買取利益+販売利益となるので上のタイプと比べて1台あたりの利益が大きくなります。

でも、利益が多い反面、在庫リスクを負うことになる上に展示販売用のスペースが必要となってきます。

なので、1台あたりの利益は多いのですが、オートオークションの相場より高い価格での買い取りは行われないようです。

さらにつけくわえるとすると、オートオークションの相場より安く買えないのであればメリットがないからなのです。

お金関係はいろいろ問題が起こりやすいので、トラブルの前に対処しておくのが肝要!

言い換えると、必要なときにオートオークションで購入が出来るからです。

このタイプは極少数派となります。

大半が上記の買取をした車をオートオークションへ売却するタイプです。

 

買取業者の特徴のポイント!!

いずれどのタイプでもオートオークションの相場より高い価格での買い取りは100%とまでは言い切れませんが行われないと覚えておきましょう!

 

買取業者の選び方

一般的に買取業者選びは、一番高い査定価格を付けてくれた業者を選びます。
ただし、一括査定などで得た簡易査定ではなく、店舗で行う査定や出張査定など、実車をスミズミまで確認する、きちんとした査定を行ってもらう必要があります。

簡易査定はあくまでも一般的な例であり、車の状態を反映してないため、正確な査定価格を出すためには、実車を確認する事が必要です。

また、複数の業者から査定を得ていることを何気なく話すと、買取価格が上がるなどと言われています。
人気車に限られた話だと思いますが、買取業者が是非とも手に入れたい車種なら効果があると言えます。

買取査定は、お互い駆け引きだと言われています。

売却したい気持ちを表に出さず、余裕を持って対処するようにしましょう。

 

最近の車買取市場の規模

車買取専門店の登場は、1990年代前半のことです。

ちょうど、中古車の需要が高まった時期と重なったこともあり、買取市場の規模は拡大していきました。

しかし、1990年代後半になると拡大傾向はほぼ頭打ち状態となりました。

買取専門店に買い取られた車や、販売店に下取りされた車のほとんどは、「オートオークション」と呼ばれる中古車オークションにかけられ、売買されます。オートオークション会場は、全国で100か所以上にもなります。

近年もっともっと トラック用品を見てみたいという人の心とは裏腹に、オートオークションに出品される中古車の台数やトラック用品は年間およそ800万台を突破しました。

一見、市場規模が拡大傾向にあるようにも思えますが、この中には、たとえば在庫処分のために中古車販売店から出品されるような業者間取引も含まれます。

純粋に一般消費者から買い取り、あるいは下取りされた車の台数がどれだけあるのかは、正確な統計はとられていないためわかりにくいとされています。

参考までに、車買取専門店での年間買取台数は、最大手で約27~28万台です。

最近では、新車の販売価格が低めであるため、車の買取価格も低くなる傾向がありました。

だが、2005年~2006年にかけて、新車の販売価格に下げ止まりの様子がみられます。

これは、今後の中古車価格、ひいては買取価格に影響を及ぼすことになるとみられています。

海外に中古車を輸出する動きも活発になっています。

国内向け、海外向けともに人気の車種は品薄気味であり、買取価格も高くなる傾向にあります。

 

 

トヨタ
日産
ホンダ
マツダ
三菱
スバル
スズキ
ダイハツ
レクサス
軽トラ

軽自動車

BMW
MINI(ミニ)
アウディ
アルファロメオ
キャデラック
クライスラー
サーブ
シトロエン
シボレー
ジャガー
ジープ
スマート
ベンツ
ヒュンダイ
フィアット
フォルクスワーゲン
フォード
プジョー
ボルボ
ポルシェ
ランドローバー
ルノー
ロールスロイス

 

都道府県・市区町村ごとに、車買取専門店の一覧表も作成しました。

北海道
青森
秋田
岩手
宮城
山形
福島
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
富山
石川
福井
山梨
長野
岐阜
静岡
愛知
三重
滋賀
京都
大阪
兵庫
奈良
和歌山
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄。

 

車買取専門店としては ガリバー、アップル、カーセブン、カーチス、ティーアップ、ラビット、ハナテン、ビッグモーター、カウゾー、カウカウ、オニキス、JBOY、タックス、グー登録店、カーチェンジ、ビッグウェーブ、オートベル、ジャック、アラジン。 事故車、廃車、車検切れ車、放置車、故障車、水没車、過走行車などを買取りしてもらう(売却する)時の注意事項も紹介しています。