トヨタ 新型ハイラックス 2017復活でカスタムしたら 超絶かっこいい!

 


 

 

 

https://www.zba.jp/car-kaitori/satei-souba/maker/toyota/hilux_surf/より転載

 

ハイラックスサーフを高く売る方法

 

まずは相場を知る

ハイラックスサーフを高く売りたいと考えているのなら、まずは現在のハイラックスサーフの相場を調べてみると良いでしょう。

 

最近ではインターネットを利用すればだいたいの相場を知ることはできますし、実際に査定を依頼することで愛車の価値を知ることができます。

 

なるべくハイラックスサーフを高値で売るためには、ハイラックスサーフに詳しい買取業者へ問い合わせてみることをおすすめします。

 

下取りより買取りのほうが高く売れる

新車購入の際にハイラックスサーフを下取りに出すという方法もありますが、それですとなかなか高値を期待するのは難しいかもしれません。

 

乗り換えのときにも買取業者を利用したほうが高値で売ることができます。

 

廃車にするしかないような年代の古い車や過走行の車であっても、適した業者を選ぶことで高く売ることは可能です。

 

事前に価値を知っておく

ハイラックスサーフを高く売るためには、相場を知った上でそれよりも高く売れるように買取業者を選ぶと良いでしょう。

 

極端な高値を期待しても無理がありますので、現実的な価値を知ったうえで交渉しましょう。

 

事前に価値を知っていれば、安く手放すということを防ぐことができます。

 

事前に相場を調べることが難しい場合は、信頼の置ける買取業者へ査定依頼をすることでだいたいの相場を知ることが出来ます。

 

古い型式のもでも海外輸出で高く売る

うちのハイラックスサーフは廃車にしなければいけないほど古い、などと最初から諦めていては損をしてしまいます。

 

現在は古い車であっても海外に持って行くことで売ることができます。

 

海外輸出に対応している買取業者にとっては、廃車にしなければいけないような状態のハイラックスサーフでも価値があります。

 

そのため、海外への輸出もしているような買取業者に問い合わせることも高値を引き出すポイントになります。

 

なぜ廃車同然の車が海外で高く売れるのか?

廃車にするようなハイラックスサーフでも、海外では需要があります。

 

日本では価値がないと判断されるような車でも海外では大人気、というケースも少なくありません。

 

そのため、そのような海外での需要に詳しい買取業者にお願いすれば、より高い金額で売却することが可能になるでしょう。

 

下取りで値段が付かなかったからといって、諦める必要はありません。愛車の状態に合った買取業者に査定を依頼しましょう。

 

廃車にするような車を売却する際の注意

廃車にするような車の場合、レッカーが必要など費用が発生する作業が必要となる場合もあります。

 

そのような費用の負担を業者がしてくれるのか、自分でしなければいけないのか、などによっても手元に残る金額は違ってきますので、しっかりと内容を確認してから売却先を決めると良いでしょう。

 

ハイラックスサーフの廃車

 

 

「あなたの中の何かが変わる。変わり続けるSUV」として進化し続けている『ハイラックスサーフ(HILUX SURF)』


日野とトヨタの共同開発で始まったことはあまり知られていませんが、それだけ開発にも力が入り北米などへは「4Runner」(フォーランナー)という名称で輸出されている人気車種です。

 

「サーフ」という呼び名で親しまれている「ハイラックスサーフ」は、ランドクルーザープラドとサスペンション・エンジン・他下回りを共用しており、その性能の高さもうなずけます。

 

 

 

衝撃的な海外流通経路の確立であなたの愛車を高額買取り!

 

ハイラックスサーフは、日本でも海外でも需要が高く人気の車種です。


あなたの大切な「サーフ」には、トヨタ ハイラックスサーフを求めるオーナーのもとで、第二の人生を元気に送ってもらいましょう!

 

 

ハイラックスサーフの最高額の車買取

 

ハイラックスサーフ新車・中古車購入見積もり

 

あなたのサーフのアピールポイントを教えてください!

初代ハイラックスサーフ ワゴンは、屋根が着脱可能な特殊な構造でしたが、取り外しての公道走行は運輸省の認可が降りなかったという非常に珍しいタイプの経緯を持ちます。

 

2代目以降からは一体型となり、3.0LのV6エンジン搭載車や、2400ccディーゼルターボを販売。


1998年にはワイドボディで登場。2000年にはマニュアルモデルが廃止され、「サーフ」のテレビCMにも力が入った時期でした。


その後のマイナーチェンジでは、直4・2.7Lガソリンエンジン、、V6 3.4Lガソリンエンジン、V6 4.0Lガソリンエンジン搭載モデルが登場。


効率的なガソリンエンジンも高額査定の対象となります。