【 新型アルファード 30系後期 2.5L 】坂道で加速した結果…!

 


 

 

 

 

 

アルファードの新車値引き交渉序盤編


ここでは、序盤編、中盤編、終盤編と三段階に分けてアルファード、アルファードハイブリッドの新車値引き交渉術を紹介していきます。

 

営業マンと交渉する時は、交渉を楽しみながら接するようにしましょう。

 

横柄な態度を取るのは禁物です。

 

新車購入後は何かと頼りになるのも営業マンです。

 

営業マンと良好な関係を築けると良いでしょうね。

 

「このお客さんには是非アルファードに乗ってもらいたいな」と思わせることが出来れば、値引き交渉でも有利になる事は間違いありません。

 

下取り車がある場合には、ディーラーの査定以外にも買取店での査定を受ける事をおすすめします。

 

買取店の相場を把握しておけば、ディーラー査定が適正かどうかの判断が出来ますし、査定額の上乗せの交渉もしやすいでしょう。

 

下取り車がある場合は、高額査定で下取り車を高く売るも合わせてご参考下さい。


ディーラー初回訪問


商談するディーラーをリストアップしたら、それぞれのディーラーで商談を開始します。

 

アルファードのトヨペット店の他、競合車に設定したライバル車のディーラーへ訪問します。

 

その際は、営業マンの方から積極的なアプローチがなければ基本的に値引きの話をする必要はありません。

 

アルファードや他車の試乗、見積もり、査定などをしてもらいましょう。


本気で新車を購入すると印象付ける


営業マンには新車の購入意思があることをしっかりと印象付ける事が大切です。

 

「車種は迷っているが新車を購入するつもりで本格的に検討中です」などと購入意思をハッキリとさせれば、今後営業マンもやる気になって対応してくれるでしょう。

 

ノルマに焦っていれば、営業マンの方からいきなりアルファードの好条件を提示してくる事も考えられます。

 

買うのか買わないのかハッキリしない態度だと、営業マンも買う気があるのか判断できないので、積極的に売り込んで来ない事があります。


見積もりで注意する事


アルファードや他車の見積もりをもらう時に注意する事は、できるだけ簡素な見積もりをもらうようにしましょう。

 

グレードだけ告げてディーラー任せでアルファードの見積もりを依頼すると、ディーラーによってはこちらに必要のないオプションやJAF入会などを見積もりに入れてくる事があります。

 

そのまま商談が進んでしまうと、それら必要のない付属品を含んだ価格がベースになってしまい、値引きが拡大しても実はボディコートやJAFをカットしただけだった、何てこともあるので余計なものは含まないアルファードの見積書をもらうようにしましょう。

 

例えば、「グレードは240Sで、オプションはマットとバイザーのみで見積もってください。」などと言うと良いでしょう。

 

オプションは競合交渉する中盤編以降に希望のオプションを追加して交渉していくと良いでしょう。

 

契約直前では数万円程度のサービス品の要求や、ナビのグレードアップ、追加オプションなどを用意してアルファードの支払額を変えず契約を迫る方法もあります。


予算を聞かれたら


「予算はおいくらでしょうか?」などと聞かれても、この段階では具体的な金額を言う必要はありません。

 

もし金額を言ってしまうと、その予算内でまとめられてしまい、値引きの上乗せが効かなくなります。

 

またあまり低い金額を言っても、「その予算では、ご希望のグレードは厳しいので、グレードを一つ下げたらいかがでしょう?」などと言われてしまいます。

 

こちらから営業マンにアルファードの予算を告げる時は、交渉終盤に入ってからここぞと言う時に出す切り札です。

 

この段階では具体的な予算は言わず、「あまりないので安いほどいいですよ」などと言って逃げておきましょう。


アルファード以外にも候補の車があることを伝える


最初からアルファードが本命と悟られてしまうと、営業マンは「アルファードを買うことは間違いないから、ある程度値引きすれば買ってくれるだろう」となってしまい、値引きを抑えられてしまう事があります。

 

「アルファードは有力な候補ですが、アルファード以外にも迷っている車があります」などと伝えれば、後々アルファードの値引きの上乗せにも応じてもらいやすくなります。

 

なお、アルファード同士の競合は交渉終盤まで仕掛けないほうがいいでしょう。

 

最初から「他のトヨペット店にも行ってます」などとやると、営業マンが警戒してしまいアルファードの値引きが伸びなくなる事があります。

 

 

 

 

 

アルファードの新車値引き交渉中盤編


序盤編でアルファード、アルファードハイブリッドや他車のディーラーで初回交渉を済ませたら、いよいよ競合を含めた本格的な値引き交渉を開始します。

 

中盤編では、アルファード同士の競合を除いた他車との競合により、ある程度の値引きを引き出します。

 

中盤編でアルファードの限界付近の値引き額を引き出せれば、終盤編で大幅値引き達成の確率が高まります。


アルファードと他車との競合


序盤編でアルファードや他車のディーラーを回ったら、そこでのディーラーの雰囲気や営業マンの印象などを考慮に入れて、次に回るディーラーの順番を決めていきます。

 

アルファードやライバル車も含めて、値引きを頑張ってくれそうな営業マン、話しやすそうな営業マンなどを考慮に入れて、優先順位を付けていきます。

 

そして値引きが期待できそうなディーラーほど後回しにして今後ディーラーめぐりをしていきましょう。

 

優先順位の低いライバル車のディーラーから回って行き、そこで出た値引き条件を次のディーラーへ、そこで出た条件をまた次のディーラーへと、他のディーラーの値引き条件をどんどんぶつけて競合させていきます。

 

その際は、「向こうは○○万円引いてくれましたよ」などと、具体的な金額を出すと良いでしょう。

 

そうして出たライバル車の条件を後回しにしているアルファードのトヨペット店へぶつけます。

 

その場合も、「車選びにはまだ迷っている」と言う状況で営業マンと接していきます。

 

そして「向こうはアルファードよりもこれだけ安くしてくれてます」などと言って、値引きの上乗せを迫りましょう。


アルファード同士の競合はまだ控える


越境などで経営の異なる複数のトヨペット店と商談している場合は、アルファード同士の競合はまだ控えます。

 

この段階でアルファードの取り扱い店同士の競合をあおると、「ではその金額にあわせます」などと言ってきて値引きの上乗せがストップしてしまう事があります。

 

実際はまだ上乗せが可能でも、アルファード同士の競合だと互いのディーラーがけん制しあって、なかなか値引き額が増えない事があります。

 

アルファード同士の競合は交渉終盤で持ちかける方が良いでしょう。


アルファードの限界付近の条件を引き出す


ライバル車の条件をもとに、アルファードの限界付近の値引き条件を出してもらいます。

 

「嫁さんはエリシオンを気に入っていて、向こうはすでにこれだけの条件が出ています。

こちらも頑張ってもらわないと金額でエリシオンに決まりそうです。嫁さんを説得するのでアルファードも目一杯の条件を出してください」などと言って限界付近の値引き額を引き出しましょう。

 

これをそれぞれのトヨペット店で仕掛けます。

 

「この条件は今日までです。契約してください!」と条件提示をされて契約を迫られても、「大きな買い物なので嫁さん(又は親兄弟など)と相談しないと決められません」「向こうの営業マンとこの後会う約束をしています。約束は破れないので今は契約できません」などと言ってやんわりとかわしておきましょう。


値引きと査定は分けて交渉


下取り車がある場合は、アルファードの値引き交渉と並行して下取り額の上乗せも要求していきます。

 

その時はアルファードの値引き額と下取り車の査定額とを分けて交渉して行きましょう。

 

「値引きと下取り込みで○○万円です」とやられてしまうと、買取店や他のディーラーの査定額との比較が出来ません。

 

コミコミだと契約してからいざ契約書の内容を見てみると、値引き額も査定額も思ったほどではなかった、なんて事もあります。

 

アルファードの値引き額と下取り額はきっちりと分けて交渉するといいでしょう。

 

 

 

アルファードの新車値引き交渉終盤編


中盤編でアルファード、アルファードハイブリッドから限界付近の値引き条件、又はまずまずの値引き額を引き出せたら、他の車との競合からアルファード同士の競合に切り替えます。


アルファード同士の競合を仕掛ける


これまで他車との競合をしてきましたが、アルファードから限界付近あるいはまずまずの値引きを引き出せたら、さらに値引きの上乗せを獲得するために、アルファード同士の競合に切り替えます。

 

アルファード同士の競合が出来ない場合は、ヴェルファイアとの競合に切り替えましょう。

 

一例ですが、「実は自分の本命はエスティマだったのですが、嫁さんの希望もあってアルファードに決めようと思います。

 

ただ現実的に予算も厳しいので他のトヨタでも(またはヴェルファイアのネッツ店でも)話を聞いて来ました。

 

向こうは所長さんも出てきて総額○○万円を提示してきました。

 

契約を迫られましたが、こちらとの約束があったので何とか返事を待ってもらってる状態です。」

 

「購入後のことを考えると家からも近いし、セールスさんの人柄も重要なので出来れば○○さんの所でアルファードを買いたいと思います。総支払額○○万円にしてくれて、○○をサービスで付けてくれたらこの場で契約します。」などとこちらの最終条件を提示します。

 


ハンコを押す前の最後の一押し


アルファードの最後の条件を提示する時に、多少無理目な金額を要求する手もあります。

 

ディーラーの提示額が360万円で総額350万円が希望額なら、それよりも低めで「345万円になれば契約します」などと言ってみると良いでしょう。

 

そこで「それでやります」となれば目標達成ですが、「355万ならOKがでました」とか「代わりに○○をサービスしますので、これで決めてください」などと何らかの妥協案を提示してくる事もあります。

 

もちろんそれで納得してはいけません。

 

「ではETCを無料でサービスしてください」「サービスでボディコーティングをしてください」などと自分で納得できる無料サービスを要求すると良いでしょう。

 

あまり金額的にギリギリの条件のようなら、数万円程度のオプションサービスが通りやすいでしょう。

 

他にも端数のカットや納車時のガソリン満タン、車庫証明費用などの手数料カット、購入後のオイル交換サービスなどを付け加えてみるのも良いでしょう。

 

そして自分の納得できる条件が出れば、アルファードの契約となります。


下取り車がある場合は


下取り車がある場合は、最後の最後で査定額がさらにアップする可能性があります。

 

 

アルファードを安く買うための車査定


下取り車が高く売れれば売れるほど、アルファード、アルファードハイブリッドの総支払額が安くなりますし、余計にオプションを付けられたり、グレードを一つ上げられる事もあるでしょう。

 

ここでは下取り車を最も高値で下取り、もしくは売却できる方法を紹介します。簡単ですので是非実践しましょう。


ディーラー査定の前に下取り車の相場を知る


アルファードを安く買おうと思ったら、値引き交渉の他に下取り車をディーラーで査定してもらい、そこから出来るだけ査定額の上乗せを目指して交渉していくと思います。

 

ここで大事なのが、下取り車の相場を知る事です。

 

ディーラー査定の多くは、まずディーラーにある規定の査定額を提示され、「決めてくれるならあと○万円上乗せします」とか、「アルファードの値引きが限界まで来てるので下取りの方で調整します」などと言ってくることが多いです。

 

これは値引きの代わりに下取り額をアップさせて、値引きを多く見せるセールステクニックが考えられます。

 

アルファードを買うユーザーから見れば、「アルファードの値引きはそこそこだけど、査定額が○万円もアップしたから結局はお得かな」と納得して契約してしまうかもしれません。

 

もちろんその査定額が、一般的な買い取り相場よりも高く、本当に売り得な査定額なら問題ありません。

 

実際そのような例も多々あります。

 

ただ正確なその下取り車の相場を分かっていないと、そのディーラーで付けられた査定額が本当にお得だったかどうかの判断ができません。実際にはもっと高値が付く可能性もあるのです。

 

これが中古車市場で人気の車種ならその差額が5万・10万・もしくはそれ以上の高値で売れるかもしれません。

 

このような人気車や、高額車になればなるほどその金額の差は大きくなり、数万円から数十万円の大きな損失となる可能性があります。

 

せっかく大事に乗ってきた愛車の価値を有効に使えずに損をしたくはありません。

 

損をしないためには、まず下取り車の相場をしっかりと把握する事が必要です。

 

そのためにはまず1店舗でいいので買取店の査定を受けて買い取り相場を把握しておきましょう。

 

買取店のおおよその買取相場が分かれば、それを元に各ディーラーで査定額の交渉が出来ますし、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断も出来ます。

 

また、ディーラーでも決算期などには、メーカーから「下取り対策費」が出ることがあります。

 

下取り対策費を利用して買取店の金額に対抗してくる事もあるので、買い取り店の金額を基にディーラー査定の上乗せも期待できます。

 

近所の買取店で査定してもらっても良いですし、ネットからも手軽に相場を知る事ができます。

 

 

 

このネット査定で出された査定額を元に、アルファードのトヨペット店やライバル車のディーラーで、値引き額に加えて下取り額の交渉もしていくと良いでしょう。


 

最後に限界値で愛車を売るには?


アルファードの値引き交渉と並行して、上記の買取店の買い取り相場を参考に査定額の上乗せも交渉していきます。

 

そして値引きも下取り額も満足の行く結果になったら、いよいよアルファードの契約となるのですが、ここで最後のもうひと工夫で下取り車がさらに高値で売れる可能性があります。

 

その方法は、アルファードの納車直前に複数の買取店に下取り車を査定してもらい、ディーラーも含めて最も高値を付けてくれたところに売却する方法です。

 

具体的には、アルファードの契約時に「実は下取り車を親戚に売る事になるかもしれないので、納車の直前までに下取りに出すか出さないかを決めます。

 

その際、下取りに出す場合は○○万円で下取りする事を約束して、契約書に一筆書いてもらえませんか?OKなら契約します」とやります。

 

契約を前提に話をすればまず承諾してくれるでしょう。

 

こうする事で納車の直前まで自分の車に乗っていられて、ディーラーでの査定額も保証されます。

 

そして納車直前に複数の買取店に査定してもらい、一番高値の所に売却する事ができます。

 

ここで便利なのが、ネットの一括無料査定です。

アルファードの最高額の車買取

 

 

一括無料査定に依頼した買取店では、無料出張査定も行っていますので、希望する買取店に時間と場所を指定して、実際に査定してもらう事もできます。

 

そこでディーラーや最初の買取店よりも高値が付けばそのまま売ってしまっても良いですし、ディーラーよりも安ければもちろん断る事も可能です。もちろん自分の足で1件1件買取店を回ってみるのも良いでしょう。

 

このように、アルファードの納車直前にディーラーと複数の買取店の査定額を比較して、最も高値の所で売却すれば、ほぼ最高額で下取り車を手放す事が出来るでしょう。

 

下取り車は大切な財産なので、できるだけ高く売ってアルファードを安く買いましょう!

 

アルファード一発交渉!


これは文字通り、アルファード、アルファードハイブリッドを一回の交渉だけで大幅値引きを引き出し、アルファードを安く買おうと言う作戦です。

 

それが簡単に出来れば苦労はないのですが、安くなる購入時期に合わせてこのアルファード一発交渉を切り出せば、成功する確率は高まります。

 

まず、アルファードを短期の交渉で購入する前の心構えです。

 

 

 

 

 

アルファードが欲しくて買う気満々の人、車がすぐに必要な人、などには辛いかもしれませんが、例えそうだとしても上記のような心理状態で交渉する事が大切です。

 

このアルファード一発交渉を成功させるには、事前の情報収集が大切です。

 

アルファードの購入グレード、購入するオプションの選択、アルファードの値引き額、下取り車があれば下取り車の相場チェック、などを詳細に調べてからこちらの希望金額を決めます。

 

あまり現実離れした希望額では、「それは出来ません」で終わってしまいますし、逆に平凡な条件ではあまりメリットはありません。

 

下取り車があればいくら位で売れるのか?

 

おおよその相場が分かればそれを元に予算を組んで、アルファードのグレード選び、オプション選びが出来ます。

 

そしてアルファードの車両からの値引き額、アルファードのオプションからの値引き額、無料サービスでつけてもらうオプション、納車費用や車庫証明費用のカット、下取り関係の諸費用カット、下取り車の希望価格、など全てを考慮に入れて、諸費用まで計算して希望の総支払額をはじき出し、それをアルファードのディーラーへぶつける事になります。

 

アルファードの値引きや下取り車の相場、諸費用など事前にネットや雑誌で調べると良いでしょう。

 

以下が参考になります。

 

 

以上のサイトを参考に情報収集すれば、お得感のあるベストなアルファードの購入条件を提示できるでしょう。

 

そして、安くなる購入時期を参考に決算期やボーナス商戦、年末商戦、月の20日前後、土日のフェア開催中、日曜日の夕方、などのタイミングを見計らってアルファードのトヨペット店へ行きます。

 

事前にディーラーへ電話でアポイントを取っておくのもホット客(買う気のある見込み客)を印象付けるので有効です。

 

そして一例ですが、アルファードとの商談になったらこの様な感じで切り出してみましょう。

(言い方はそれぞれの状況に合わせて考えれば良いと思います)

 

「実はヴェルファイアの商談をしていて、商談は最終局面です。ほぼヴェルファイアに決まりかけていたのですが、アルファードもいいなと思い、来てみました。車種には特にこだわりはないので、もしも要求する条件がOKならヴェルファイアを断って、この場でアルファードを契約したいと思います。ダメならヴェルファイアにします。お互い駆け引きなしで行きましょう。ズバリ総額○○万円なら契約します!」などとやります。

 

うまく行けば一回の交渉でアルファードの大幅値引きをゲットできます。

 

「ダメなら購入しない」と言うスタンスでいきましょう。

 

失敗する可能性もありますが、失敗したら他のディーラーで試す事もできます。

 

事前にある程度の値引き可能価格を知っておくのが大事という事ですね。

 

 

アルファードを土日のみで安く買う!


土日の二日間だけでアルファード、アルファードハイブリッドの値引きを出来る限り引き出してアルファードを安く買う方法です。

 

アルファードのライバル車(競合車)の交渉も加えて、イベントやフェアを開催する土日を狙って商談します。

 

土日だと決算期やボーナス商戦の時期なら毎週のようにイベントやフェアが行われます。

 

新型車が出れば、土日に「○○発表会」とイベントやフェアが行われるでしょう。

 

たとえイベント対象の新型車が購入希望車でなくても、その新型車を客寄せにして来客数を増やす狙いもディーラーにはあります。

 

また、フェアが行われている土日なら、フェア用のノルマがディーラーや営業マンにはありますので、値引きの決裁権を持った店長・所長も控えていて、その場でアルファードの値引きの決済が取れます。

 

買う側の事情も土日が休みだからと言うのも大きな理由ですが、土日の二日間を利用して、アルファードの大幅値引きを目指しましょう。

 

できれば事前に出来るだけ情報収集をしておきます。

 

アルファード一発交渉のように情報収集しておけば、アルファードの商談中の様々な状況に対応する事ができます。

 

 

~ 土曜日 ~

 

・下取り車の相場を知る

 

まず下取り車があれば、下取り車の相場を調べます。

 

これが分かっていれば、ディーラーでの査定額が高めなのか、それとも後々値引きの上乗せと称して価格を上げていく戦略なのか、様々な判断ができます。

 

事前にネットで調べても良いですし、当日に買取店を複数回ってみても良いでしょう。

 

・ライバル車のディーラーへ行く

アルファードの対抗としてライバル車のディーラーへも行ってみます。

 

エルグランドやエリシオン、MPV、エスティマ、ヴェルファイアなど価格や値引きでも一番対抗できそうなライバル車を一つ選んだら、そのディーラーへ行って、見積もりと査定をしてもらいます。

 

ライバル車のディーラーへ行くのは、基本的にこの1回のみです。

 

2日間の交渉なので極力無駄を省きたいので、アルファードのディーラーへ行った時に、他と競合している事を伝える時に、よりリアリティのある会話をするための情報収集という意味合いがあります。

 

ライバル車の値引き交渉はそれほど頑張る必要はありません。

 

とりあえず「アルファードと商談している」「そこではかなりの値引きが出ている」などと言って、「こちらはいくら値引きできるのか?」などを聞いておきましょう。

 

そして下取り額も、買取店の査定額を伝えて出来るだけ頑張ってもらった査定額を聞きましょう。

 

・本命アルファードのトヨペット店へ行く

 

ここまでで、「①買取店の相場、②ライバル車の値引き額、査定額」の情報があります。

 

この情報を基に、アルファードの各ディーラーへ1回目の商談を行います。

 

アルファードのトヨペット店、越境が可能なら隣県のトヨペット店などできるだけ多くのディーラーで商談します。

 

別経営のトヨペット店が近くに無いなどで同士競合できない場合は、ヴェルファイアのネッツ店と商談しましょう。

 

最後までアルファードとヴェルファイアで迷っている状況で商談を進めて、両方とも値引きを引き出します。

 

ディーラーでは、「今ライバル車(エルグランドなど)のディーラーへ行ってきましたが、すごい条件を出してもらってかなりエルグランドに気持ちは傾いています。

 

でももしこちらでもすごい金額が出れば、この場で決めてもいいかなと思っています。」などと言って査定、見積もりを依頼します。

 

そこで営業マンから、「ライバル車はいくら出していますか?」と聞かれても、「かなり出してもらってます」とか「もう目いっぱいの数字です」などと言って、具体的な金額は出しません。

 

具体的な金額を言ってしまうと、その金額がベースとなってアルファードの限界を超えた値引きが引き出しにくくなってしまいます。

 

そして下取り車があれば査定をして、具体的なアルファードの条件提示があるでしょう。

 

ここでかなりの好条件が出ても表情に出さず、冷静に対応します。

 

下取り額が買取店の査定額やライバル車の査定額よりも低ければ、買取店やライバル車での査定額を提示して、「買取店では○○万円でしたよ」「日産では○○万円でしたよ」と査定額の条件アップを迫ります。

 

値引き額は、具体的な数字は伏せて「日産はもっと頑張ってくれましたよ」と上乗せを迫りましょう。

 

もし契約を迫られても「大きな買い物だから嫁さん(親)と相談しないと決められない」「ローンを使うかもしれないから家で検討したい」などと言ってその場は逃げます。

 

同じように他のアルファードのトヨペット店でも1回目の商談を行います。

 

そしてそれぞれのディーラーでアルファードの値引きを引き出します。

 

この時点で契約をちらつかせて、各トヨペット店の限界付近のアルファード値引き額を出せれば、ひとまず成功です。

 

土曜日のポイントは、契約をちらつかせて、いかにアルファードの限界付近の値引きを引き出してその場を逃げるか?になります。

 

なお土曜日の時点では、他のトヨペット店で商談している事は伏せておきます。

 

いきなり1回目の交渉でアルファード同士の競合をしてしまうと、「相手に合わせます」などと言ってきて、値引き額が伸びない事があるので、アルファード同士の競合は日曜日に持ち越します。

 

~ 日曜日 ~

 

・アルファード同士の競合

 

日曜日は前日の一番値引きが少なかったディーラー(仮にA店)から回ります。

 

アルファードの値引き条件が一番良かったディーラー(仮にB店)の条件を一番条件の悪かったA店にぶつけます。
(複数のトヨペット店と商談できない場合は、ヴェルファイアのネッツ店を絡めます)

 

「この条件よりも安く出来ますか?」とアルファードの値引き額の上乗せを迫ります。

 

そしてB店を上回る条件を提示してきたら、ここで初めて具体的な金額を伝えます。

 

「予算は○○万円です。この金額になればこの場で契約します」とやります。(大幅値引きのかなりの条件です)

 

それが通れば、最後に若干のオプションサービス、ガソリン満タンなどを要求してA店と契約で良いでしょう。

 

こちらの予算を伝えて「無理です」「○○万円が限界です」と通らなかった場合は、「ではこの条件で嫁さん(親)と相談して決めたいと思います。後ほど連絡します」といったん保留して、そのA店の条件は確保しておきます。

 

そして前日に一番条件の良かったB店へ行き、先ほど出たA店の条件を同じようにぶつけます。

 

A店の条件を上回ってきたら、又は同等の条件が出てきたら、さらに安い希望額を伝えて、それが通ればアルファードの契約となります。

 

希望額が通らなくてもA店の条件と同等、又は上回っていれば、そこからオプションサービスなどを要求しながら、妥協点を見つけてアルファードの契約となります。

 

このように、目標額を達成するまでアルファードの各ディーラーを回り、目標額まで行かなくてもオプションサービスなどで妥協点を探り、お買い得と思ったらアルファードの契約となります。

 

全てがこの様にうまく行くとは限りませんが、土日の二日間でそれなりの値引きは引き出せる方法だと思います。

 

メールを利用してアルファードを安く買う!


アルファードを安く買うには、アルファードのライバル車も含めて「できるだけ多くのディーラーを回る」事を勧めています。

 

何故かと言うと、もうご存知だとは思いますが、多くのディーラーを回る事により、ノルマの厳しいディーラー、又は営業マンに当たる確率が高くなるからです。

 

ようするに、1台でも多くアルファードを売りたい!と言うディーラーや営業マンなら多少の値引きをしてでも契約を取ろうとするので、交渉次第でアルファードを格安で購入出来るのです。

 

ただ多くのディーラーを回るのは、正直疲れるものです。

 

時間も掛かるので、忙しい人は中々実行できないでしょう。

 

そこで有効なのが、メールを利用してアルファードを安く買おう、と言うものです。

 

複数のディーラーに足を運ぶ代わりに、まずメールで複数のディーラーへ見積もりを依頼して、アルファードの値引きの反応を見て、狙いのディーラーを絞って効率よく商談を行う方法です。

 

方法は簡単です。

 

新車の無料見積もりサイトのオートックワン やカービューそしてトヨタのウェブサイトからディーラーを検索すると良いでしょう。

 

自宅近くのディーラーや越境が可能なら隣県のネッツ店やトヨペット店など、商談可能な範囲内のディーラーへアルファードの見積もりをメールで依頼します。

 

その際、自宅に一番近いなど、ここから買いたいと言う本命ディーラーへはメールを送りません

 

あとで直接交渉するためです。

 

そしてメールには、ライバル車(例えばエルグランドやエスティマなど)の名前を出して、ライバル車は○○万円の値引き条件を出している、アルファードはどれくらいの値引きをしてくれるのか、総額いくらになるのか、などを加えて見積もり依頼します。

 

メールを出さずに取っておく本命ディーラーの系列以外は、同系列の複数の営業所にメールを送っても良いでしょう。

 

実際に商談するとなると、同じ会社が経営している同系列のディーラー同士の競合はタブーですが、メールで問い合わせをする段階なので、同系列のディーラーでも気にする必要はありません。

 

同系列の複数のディーラーへメールを出して、その中で一番条件の良さそうなディーラーを一つ絞って、実際の商談に移せば良いのです。

 

ディーラーへメールを出すと、早々に返事が来ると思います。

 

おそらくメールや電話ではアルファードの値引き額は言えません、と言う所が多いでしょうが、ノルマ達成が厳しい営業マンや台数の足りていないディーラーなら、ライバル車に対抗した具体的な金額や、値引きは頑張ります、などといった内容のメールが来るでしょう。

 

一通り返事が来たらその中から良い条件や頑張ってくれそうなアルファードのディーラーを絞って、実際にそのディーラーへ行って商談します。

(余裕があれば、ライバル車のディーラーにも同様のメールを送って、好条件のライバル車のディーラーを探す方法もあります。)

 

実際にネッツ店やトヨペット店を回り、ライバル車の条件をちらつかせながら、アルファードの値引きの上乗せを迫ります。

 

契約を迫られたら、「家族と相談する」「ローンを検討してみる」などと言って、一旦戻ります。

 

そしてそのアルファードの条件を持って、メールを出さないでおいた本命のディーラーへ行き、「他のトヨタでは○○万円引きの条件が出ています。

 

こちらでアルファードを買いたいので何とかこれ以上の条件を出してください」などと言って、これまでの条件を本命ディーラーへぶつけます。

 

この様に最初にメールで、良い条件でアルファードを買えそうなディーラーを絞り込めれば、時間と手間が大分省けるでしょう。

 

メール交渉のポイント

 

 

 

アルファードが安くなる購入時期


新車には時期によって値引きが大きくなりやすい時があります。

 

アルファードを購入する時には、この値引きが大きくなりやすい時期に契約すると買い得なアルファードの値引きが得られるかもしれません。


一ヶ月の中でアルファードが安くなる購入時期


アルファードを含めた新車を販売するセールスマンさんには毎月ノルマが課せられています。(お店単位、会社単位の販売目標もあります)毎月順調にノルマを達成できればいいのでしょうが、中には「今月はちょっと厳しいな」と言う月が出てきます。

 

この毎月のノルマを達成出来るかどうかのタイミングの時に、タイミング良くアルファードの値引き交渉が出来れば、ノルマ達成のために契約が欲しいセールスマンさんが、値引きで応えてくれるチャンスになるでしょう。

 

毎月の20日前後~25日位までにアルファードを契約するタイミングで交渉していけば、「今月はノルマ達成が厳しい」と言うディーラーやセールスマンさんに当たると、アルファードの大幅値引きのチャンスが出てきます。

 

また契約日を土日の週末に持ってくれば、ディーラーでは「○○フェア」などを行っている事が多いので、通常のノルマ+フェア期間中のノルマなどもあるので、セールスマンさんも値引きに応じて来やすくなります。

 

また、土日は値引きの決裁権を持った所長や店長もお店にいる事が多いので、「上司に相談してきます」とその場でアルファードの値引き決済が下りるでしょう。

 

日曜日の夕方がフェアのノルマや受注のタイミング的にもギリギリで良いかもしれません


2月3月の年度末決算期にアルファードを買う


2月、3月は1年で一番新車が多く売れる時期です。

 

なぜかと言うと、自動車メーカーは3月が決算月です。

 

3月の締めまでになるべく多くの新車を販売して、株主に少しでも良い業績を報告しようとします。

 

そのためメーカーも、傘下の各販売店に販売奨励金や下取り車対策費などを投入して販売活動に力を入れてきます。

 

それをディーラーがキャンペーンや値引きの資金にするので、通常の月よりもアルファードの値引きを多くできると言うわけです。

 

この年度末決算キャンペーンは1月中旬から始まる事が多いので、1月中旬から3月までの間が、アルファードを安く買える「年度末決算期」となります。

 

またセールスマンさんもこの年度末決算期は出来るだけ台数を稼ぎたいので、短期で決めてくれるお客さんを歓迎します。

 

短期間で契約が取れれば、また次のお客さんに売り込みをかけられるので、1回目や2回目の商談から最終に近いアルファードの値引き条件を提示してくるセールスマンさんもいます。

 

なので、1月中旬~2月中からアルファードの商談をスタートさせたら、3月契約にこだわらず良い条件が出ればこちらの最終条件を伝えて、一気にアルファードの契約までもって行くのが良いでしょう。

 

また2・3月の決算期を過ぎたとしても、4・5月は決算期の煽りで毎年新車の販売台数は減少します。

 

その分販売店やセールスマンさんのノルマは少なくなりますが、販売台数が減少するためノルマは軽いものではないはずです。

 

4・5月のノルマ達成のためには決算期と変わらない値引きを提示してくるディーラーもあるので、4月、5月もアルファードを安く買うチャンスはあるでしょう。


9月の中間決算期にアルファードを買う


9月の中間決算期も年度末決算期ほどではありませんが、通常の月に比べて販売台数が伸びます。

 

9月までの中間決算報告で株主に良い報告をしようと、売り込みに力を入れてきます。

 

メーカーによっては販売奨励金や下取り車対策費などを投入して、メーカーや販売店でキャンペーンを展開し、アルファードも含めた新車の販売台数を獲得しようとします。

 

ディーラーやセールスさんもこの9月中は台数が欲しいので、9月中の契約条件で交渉していけば、アルファードの値引きが期待できるでしょう。

 

8月のお盆休み明けから9月の決算キャンペーンが始まるので、8月下旬辺りからアルファードの商談をスタートさせて、9月の週末に契約する商談スケジュールを組んで、交渉して行きましょう。


6月7月のボーナス商戦でアルファードを買う


6月、7月の夏のボーナス商戦も新車の販売台数が伸びます。

 

この時期も決算期と同じようにメーカー主導のキャンペーンや、ディーラーでの週末フェアなどが行われて、お得に新車が買える時期です。

 

メーカーによっては販売奨励金や下取り車対策費などが出ることがあるので、それをディーラーが値引きや下取り額の上乗せの資金に使うので、アルファードの値引きが拡大してきます。

 

どちらかと言えばボーナス商戦の締めの7月の方が、6月よりも値引きは拡大傾向のようです。

 

7月の週末に契約するタイミングで商談していけば、アルファードから思わぬ値引きが飛び出すかもしれません。


12月のボーナス、年末商戦にアルファードを買う


12月もボーナスや年末商戦、1月~12月までの年間の販売目標の達成、などで売り込みに力を入れてくるのでアルファードの値引きも拡大傾向になります。

 

ただ、12月に登録するとすぐに年が明けてアルファードの年式が1年古くなってしまいます。

 

乗りつぶすなら気になりませんが、数年後にアルファードを買い替えようとすると、この年式違いが下取り額に影響してきます。

 

12月登録と翌年の1月登録とでは、1ヶ月程度の差しかありませんが、いざ売却するとなると年式が1年古くなるので、その差が通常の1ヶ月落ちの差額よりも大きくなってしまう事があります。

 

なので12月登録でアルファードを購入するよりも少し待ってから1月登録でアルファードを購入した方が、後々アルファードを手放す時に査定額で有利になるでしょう。

 

12月は正月休みがあるのでディーラーの稼働日数も少なめです。

 

新車の販売台数も12月は例年落ち込むので、ディーラーや営業マンにとっても12月のノルマは優しいものではないでしょう。

 

「12月登録では、今後の売却額に影響してくるので、あと○○万円値引きを上乗せしてくれたら、12月登録でアルファードを契約しても良いです」などとやると効果的でしょう。

 

12月登録OKで交渉すれば、アルファードの特別な値引きが飛び出すかもしれません。

 

買い得な値引きが出なければ、翌年の初売りセールや年度末決算期までアルファードの購入を待てばいいでしょう。

 

 

アルファードの同士競合で値引きを引き出す


同士競合とは、アルファード同士を競合させる事、又はトヨタの販売店同士を競合させる事を言います。

 

トヨタは国内では圧倒的なシェアを誇っています。

 

他メーカーのクルマと競合させても強気に出て値引きに応じない事もあります。

 

その場合は、同じトヨタをぶつけていくと非常に高い効果が得られます。


アルファードを同士競合させるには?


アルファード、アルファードハイブリッドを同士競合させる時に一つ注意したい事は、同士競合は基本的に別経営のディーラー同士を競合させる事が基本です。

 

営業所が違うだけで経営する会社が同じディーラー同士の競合は、コンピューターのネットワークが繋がっているので、見積もりや査定のデータから他の営業所で商談していることが分かってしまいます。

 

そうなってしまうと、どちらか一方が「同じ会社なので」と降りてしまったり、それまでのアルファードの好条件に横やりが入ってその条件がなくなってしまう、なんて事にもなりかねます。

 

基本的に別経営のディーラー同士を競合させるようにしましょう。


アルファード同士の競合


アルファードの取り扱い販売店はトヨペット店です。

 

トヨペット店は基本的に各都道府県に一つの法人なので同じ地域のトヨペット店同士の競合は出来ません。

 

県を越境すればディーラーを経営する会社も異なるので、地元のトヨペット店と、隣県のトヨペット店との競合が可能になります。

 

この場合は競合効果が高いです。

 

ディーラーを経営する会社を調べるにはトヨタのHPで簡単に調べる事ができます。

 

「○○トヨペット ▲▲店」のように、○○の部分が異なれば経営する会社が異なるので、アルファード同士を競合させる事が出来ます。

 

トヨタのHPでディーラーを検索して別経営のディーラーを調べてから、アルファード同士を競合させるようにしましょう。


トヨタ同士の競合


トヨタにはアルファードを扱うトヨペット店の他にも、ネッツ店、カローラ店、トヨタ店と販売チャンネルが4チャンネルあります。

 

基本的にこれら各販売チャンネルは経営する会社も異なるので、アルファードを扱うトヨペット店以外の3チャンネルにアルファードと競合できる車種があれば、トヨタ同士の競合が可能になります。

 

アルファードには兄弟車のヴェルファイアがあります。

 

外観で差別化をはかってますが、基本的に同じ車なのでアルファードとの競合には一番適した車です。

 

ヴェルファイアはネッツ店扱いなので、トヨペット店とネッツ店の競合が可能になります。

 

またネッツ店には同地域に複数の経営の異なるネッツ店が点在しています。

 

なので別系列のネッツ店同士を競合させる事も可能です。

 

東京のネッツ店なら「ネッツトヨタ東京▲▲店」と、「ネッツトヨタ多摩△△店」なら経営する法人が異なるので、このお店同士で競合させる事が出来ます。

 

トヨペット店VSネッツ店の競合は無条件に出来ます。

 

ヴェルファイアの他には、トヨタ店、カローラ店扱いのエスティマがあります。

 

エスティマとアルファードも競合も非常に有効なので、是非実践しましょう。

 

トヨタ同士の競合はアルファードを安く買うには非常に有効な手段となります。

 

 

 

アルファードの商談準備 ディーラーをリストアップ


アルファード、アルファードハイブリッドの商談のために自宅近くのディーラーや勤務先近くのディーラーなど、実際に商談するディーラーを事前にリストアップしていきましょう。

 

アルファードのトヨペット店、ヴェルファイアのネッツ店、越境のための隣県のトヨペット店、ネッツ店、各ライバル車のディーラーなど、なるべく多くのディーラーをリストアップしてアルファードの商談に備えましょう。

 

こちらのアルファードの値引き要求に応じてくるディーラーは、その時の状況で異なってきます。

 

多くのディーラーと商談する事により、「ノルマ達成にあと一台!」などの値引きできるディーラーに当たる確立が高くなりますので、労力はともないますが出来るだけ多くのディーラーをリストアップしてアルファードの商談に備えましょう。

 

 

 

アルファードの中古車

 

新車以外にも中古車でアルファード、アルファードハイブリッドを購入する方法があります。

 

中古車のメリットですが、当然新車よりも価格が安いのが魅力ですね。

 

現在はネットで中古車探しが便利です。

 

ネットで希望の車を検索して、在庫確認や車両の状態を把握してから、お店に行って実車確認をしましょう。

 

また、アルファードの値引きが渋い場合は、中古車や新古車を探して見積もりを取り、それを新車ディーラーにぶつける方法もあります。

 

中古車・新古車でアルファードを考えていたけど、もし安くなるなら新車も検討したい」とやると効果的でしょう。

 

アルファードの新車・中古車購入見積もり

 

 

 

アルファードを安く買うための競合車選び


アルファードのLクラスミニバンでは、日産のエルグランドやホンダオデッセイなどがアルファードのライバル車と言えます。

 

これらのライバル車と競合させれば、アルファードの値引き拡大のきっかけとなるでしょう。

 

新車の値引き交渉の基本と言っても良いです。


アルファードと同クラスのライバル車


アルファード、アルファードハイブリッドの同クラスのライバル車ば、日産のエルグランド、ホンダオデッセイが代表的です。

 

他にもマツダのMPVや三菱デリカD:5辺りも競合できるでしょう。

 

これらの競合車と「アルファードも含めてどれにするか迷っている」と言う状況で商談していけば、アルファードの値引きも引き出しやすいでしょう。

 

同じトヨタのヴェルファイアやエスティマも有効な競合車になります。

 

特にヴェルファイアは基本アルファードと同じ車なのでお互いの営業マンもかなり意識します。

 

ヴェルファイアとの競合は欠かせないでしょう。

 

エスティマとの競合ももちろん有効です。


自分の使用用途に合った競合車


自分の使用用途に合っていれば、ミニバンに限らずSUVやプレミアムセダンなども競合車として有効でしょう。

 

タイプの違う車でも「デザインが気に入っているので、ハリアーと迷っている」と競合させれば、かえってリアリティがあるかもしれません。

 

新車以外にも中古車でアルファード、アルファードハイブリッドを購入する方法があります。

 

中古車のメリットですが、当然新車よりも価格が安いのが魅力ですね。

 

現在はネットで中古車探しが便利です。ネットで希望の車を検索して、在庫確認や車両の状態を把握してから、お店に行って実車確認をしましょう。

 

また、アルファードの値引きが渋い場合は、中古車や新古車を探して見積もりを取り、それを新車ディーラーにぶつける方法もあります。

 

中古車・新古車でアルファードを考えていたけど、もし安くなるなら新車も検討したい」とやると効果的でしょう。

 

 

アルファードの維持費を安くする!


新車購入後、アルファードを維持していくには、維持費がかかります。

 

ガソリン代、保険代、自動車税、車検代、高速代、整備料金、タイヤなどの消耗品、オイル交換などのメンテナンス代など・・・。

 

車を維持するには本当にお金が掛かるものですが、その中でも節約できる維持費はしっかりと節約していきたいものですね。


アルファードのガソリン代を節約


ガソリンを節約するには燃費の良くなる走り方をしたり、出来るだけ安いガソリンスタンドを見つけて給油することでしょうか。

 

無駄なアイドリングを控えたり、燃費が落ちないようにしっかりとメンテナンスする事も必要ですね。

 

ガソリン代の負担を少しでも減らす方法があります。

 

ガソリン代を払う時に現金よりもクレジットカードで払えば、ポイントが付きます。

 

そのポイントでキャッシュバックがあったり、商品券などと交換できます。

 

また、石油会社のクレジットカードを持っていれば、その系列のスタンドでガソリンを入れれば、店頭表示価格よりも1リッターに付き2~5円安くなったり、さらにはポイント還元が付いたりとお得な場合が多いです。

 

チリも積もれば山となる、のようにいつの間にかかなりの金額がお得になっている、と言う仕組みです。

 

また、現金を出しておつりをもらうわずらわしさもありませんし、プリペイドカードのように先に1万、2万と入金する必要もありませんよ。

 

大手ガソリンスタンドのカード

 

  • ENEOSカード
  • 出光カードまいどプラス

その他のクレジットカード

 

  • NICOSカード入会キャンペーン

アルファードの自動車保険を節約


自動車保険は1年ごとの更新が必要です。

 

その間無事故無違反なら等級が上がり、保険料も年々安くなっていきます。

 

この更新の時に一度自動車保険を見直すと、保険料がビックリするほど安くなる事があります。

 

管理人も二度ほど保険を見直した事があります。

 

等級も上がり保険料も大分安くなっていたので年払いで払っていました。

 

そこで更新の時に複数の保険会社の見積もりを取ってみたら、最高で年額4万8000円から同条件で3万4000円まで安くなりました。

 

また別の車では、年払い3万5000円の保険料が2万6000円まで安くなりました。

 

いずれも速攻で乗り換えました(笑)。

 

どちらも外資系の保険会社ですが名の知れた会社で現在まで何の不安もありません。

 

更新が来たら是非一度自動車保険を見直す事をおすすめします。

 

インターネットから申し込めば、インターネット割引きが適用される会社がほとんどなのでお得です。

 

以下の無料一括見積もりが便利ですよ。

 

 

アルファードの自動車保険見積もり

  • (一度に複数社の会社から見積もりを取れます。面倒な電話勧誘は一切ありません。じっくりと補償内容と保険料を比較する事が出来ます。)

 

 

 

 

アルファードの口コミ・評判について

 

 

アルファードの室内、収納等について

 

 

口コミをまとめると・・・
一番価格の安いグレードでも皮が至る所に使われており、木目調のパネルも相まって高級感があります。

車内が広く、静かで豪華、積載量にも不満は少ないです。

エグゼクティブパワーシートは大柄な男性が座っても余裕があります。
手動のオットマンは両足を上げないと上げられないので、少々面倒です。

 

 

アルファードの走行性能について

 

 

口コミをまとめると・・・
街乗りメインなら2.5Lでも不満はありません。

エンジンの静粛性も高く、低速域からのトルク感もあるので、多人数乗車でもストレスはありません。

高速道路の追い越しも十分こなせます。

ロールも前モデルより減って、コーナリング性能も上がっています。
車体が大きいので、運転にはそれなりに気を使う部分も。

 

 

 

アルファードの乗り心地について

 

 

口コミをまとめると・・・
新型になってサスペンションがダブルウィッシュボーンに変わり、乗り心地が良くなっています。

ソフトな乗り心地の中で、段差を滑らかにいなしてくれます。

振動は抑えられ、フラフラ感もなく、前モデルよりも上質な乗り心地になっています。

 

 

アルファードの燃費について

 

 

口コミをまとめると・・・
街乗りでは8キロ前後、高速では13キロ前後まで伸びます。

平均すると9キロ前後辺りです。

 

 

アルファードの価格、値引きについて

 

 

アルファードの装備について

 

 

 

メーカーのセールスポイント