竹岡 圭の今日もクルマと・・・カローラ ハッチバック(仮称)・プロトタイプ スポーツTest Drive

 


 

久々のスポーツフィールドに戻ってきたカローラ。

 

ハッチバックのフォルムがすがすがしいそのクルマ(プロトタイプ)の走りをさっそくサーキットで試してみよう。

 

試乗したモデルは、 1.2リッターターボ6速MT(FF) 1.2リッターターボCVT(FF) 1.8リッターハイブリッド(FF) の3タイプだ。

 

 

 

 

カローラ 買取 相場

 

 

https://b-cles.jp/car/nebiki/corollafielder_nebiki.html より転載

 

 

愛車を高く売るには買取相場サイトを活用しましょう

 

愛車の相場を知る。

相場よりも高く売る方法を知る。

査定額が50万円以上高くなる場合もあることを知る。

 

カローラ(COROLLA)と言えば、トヨタカローラと言われるほど有名な、 トヨタ自動車が製造および販売をしている日本の代表的な自動車です。

 

それでは、カローラの意味をご存知でしょうか?

 

カローラ(Corolla)は、ラテン語で「花で作られた冠」という意味の言葉です。


 英語では、同様にcorollaは花冠という意味になります。

 

そういうわけで、海外ではカローラと呼ばれずにコローラと呼ばれることが多いのです。


なぜなら、corollaの発音がコローラだからです。 それではカローラの歴史を振り返りましょう。


 初代のカローラは、1966年10月の東京モーターショーで登場しました。

 

そして翌月の1966年11月に初代カローラが発売されました。

 

この時のカローラは、2ドアのセダンでした。 1970年5月には2代目のカローラが登場し、モデルチェンジを果たしています。

 

1974年4月に3代目カローラが登場すると、E30型にモデルチェンジされたものとなりました。

 

1979年には4代目カローラが登場しました。


これは後輪駆動車としては最後のものとなります。

 

1983年には5代目カローラが登場し、FF化されました。

 

1987年に6代目カローラが登場すると非常に洗練されたスタイルが人気となりました。

 

1991年に登場した7代目カローラでは、ABSやエアバッグといった安全装備が話題になり、 柔らかい曲線による美しい外観が大人気となりました。

 

1995年に登場した8代目カローラでは、低燃費と軽量化がウリとなりました。

 

2000年に登場した9代目カローラでは、エンジンやプラットフォームが新しくなりました。

 

2006年に登場した10代目カローラは、国内と海外とで異なるプラットフォームが使用されるようになりました。

 

 

車買取相場表

 

車買取相場表で車買取の相場を知りたいですか?


 車買取相場サイトを上手に活用することで、車買取において大事なことを知ることができます。


まず自分の愛車の相場を知りましょう!

相場よりも高く売るために必要な準備をしましょう!

50万円も査定額が変わる場合があることを知っておきましょう!

 

車の買取額は、実際に無料査定をしてもらわないと厳密には分からないのが普通ですが、おおまかに相場を知る方法が実はあるのです。

 

このページで相場の概要を知ることで、無料査定を受けた際に、思ったよりも少しは高値で買い取ってもらえたということで十分納得できると思われます。

 

けれども、ここで注意が必要です!

 

車の買取業者というのは、業者によってそれぞれ得意なものと不得意なものがあるのです。

 

例えば、ある業者がファミリーカーをできるだけ多く買い取ろうと計画している時期というのは、ファミリーカーをその業者に持って行けば、高く買い取ってもらえます。

 

また、ドレスアップ車を重視している業者にドレスアップ車を持って行けば、他よりも高値で買い取ってもらえる場合がありますね。


あと、海外で需要のあるハイエースのディーゼルカーは、国内では需要がないので通常は高値がつかないのですが、 業者が海外に販路を持っている場合は、50万、60万、70万、80万もアップすることがあるんですよ。


なぜこれほどまでに高値がつくかというと、海外ではガソリンの供給状況から安定して給油できるディーゼル車のみという国が とても多いのと、日本車が信頼を勝ち得ているという点で、非常に好まれているからです。

 

以上から、ガリバーだと高く買い取ってくれるだとか、T-UPだと高値がつく、などということはなく、 車種や時期、その他様々な業者の都合や状況によって、車査定の価格が変わってくるのが当然なのです。

 

それでは、どうやったらより高く売ることができるか、秘訣というか裏技をお教えしようと思います.

 

高額査定にもっていくには、3つのポイントがあります

 

1つの業者ではなく、複数の業者を利用して見積もりを取りましょう!

1つの見積もりサイトではなく、複数の見積もりサイトを利用して見積もりを取りましょう!

ポイントがつく見積もりサイトを利用しましょう!

 

これまでの経験から言うと、かんたん車査定ガイドカービューズバット車買取比較という3つの自動車一括査定サイトが、高値が出るのは間違いないです。

 

各無料一括査定サイトでは、最大10社から見積もりが取れますが、住んでいる地域によっては、2社からしか見積もりが取れない場合があります。

 

目的は、あくまで高価買取額を引き出すことにあります。

 

したがって、複数の無料一括査定サイトを利用する、というのが大事なポイントになります。

 

無料一括査定サイトに登録している業者は、他にどんな業者が登録しているかを知っています。

 

すると、車種ごとにどの業者がどんな高値を出すかがある程度知れ渡っているため、必要以上に高値を提示する必要がなくなります。

 

つまり、ただ1つの無料一括査定サイト内では、競争原理が実質働かないのです。

 

そこで、他の無料一括査定サイトを利用すると、面白いことに、同一の車買取業者なのに、より高い買取価格を提示することがあります。

 

つまり、かんたん車査定ガイドカービューズバット車買取比較という3つの無料一括査定サイトを利用することで、本当の意味での競争原理が働き、高額買取額を引き出すことが可能となるのです。

 

入力が面倒だと思われる場合でも、少なくともかんたん車査定ガイドズバット車買取比較だけは利用するようにしてください。

 

実際にはそれほど面倒な作業ではありません。

 

無料一括査定サイトでは最大10社から見積もりが得られますが、1~2社だけ選んでも構いません。

 

ただし、車買取業者によって得意なジャンルが違う上に、保有する販路も違うので、もう少し多くの業者の見積もりを取るのが良いでしょう。

 

おすすめは、やはり5社以上の車買取業者から見積もりを取るのが、高価買取額を引き出すにはベストだと言えます。