2018 シビック ハッチバック HONDA CIVIC HATCHBACK 外装・内装・試乗して感じた全て! 

 


 

売り上げ好調なシビックハッチバックは実はイギリス製なんですよ ! 

 

 

シビック(ホンダ)とは

 

シビック(ホンダ)とは、ホンダの乗用車です。


1972年に登場し、現在10代目モデルが販売されています。


10代モデルは、北米仕様が2015年~。

 

シビックは、世界戦略車になります。


長年同じ名称で販売されており、7代目まで小型乗用車に分類されていました。

 

ボディの特徴は、3ドア/5ドアハッチバック/4ドアセダン。

 

8代目からは、3ナンバーサイズの中型乗用車にボディ拡大されました。

 

初代は、世界的に大ヒットしたモデルです。

 

現在も初代シビックの人気は衰えることなく、アメリカでも大成功を収めました。

 

現行型の9代目は、北米仕様が先代よりもボディサイズがわずかに短くなりました。

 

全幅や全高はほぼ同じで、コンセプトも先代よりも洗練されたものになっています。

 

Aピラーを傾斜させ、空力が向上しました。

 

またより細くするこで、視認性も向上しました。

 

欧州仕様は、2012年より販売され、デザインコンセプトは“グリーン・ダイナミック”先代の未来的なデザインはそのままにし、
洗練・エレガントをプラスしました。