そもそもタントって広いの?

 


 

 

 

本日は、「タントの広さ」ですが・・・

 

なんせ広いです!

 

 豆知識

 

タント(ダイハツ)とは

 

タント(ダイハツ)とは、ダイハツの軽トールワゴンです。


ブランドであり車名。


2009年に登場してから、現在3代目モデルが2013年より販売しています。

 

タントの特徴は、FFでありながら長い室内長です。


そして、軽自動車の中でも最長と言われているロングホイールベースです。


後に追加されたカスタムは、同社の「ムーヴ・カスタム」のように、押し出しの強いスポーティーなデザインになっています。

 

現行モデルである3代目は、ロゴが再度変更され、「TanTo」と、Tのみが大文字になりました。

 

2代目の「ミラクルオープンドア」の使い勝手を良くするために、助手席のスライド幅が少し拡張されました。

 

これにより、ロングスライドを実現し、後席下部の出っ張りはなくなりました。

 

また、室内が広く感じるように、頭上空間と後席空間が絞られ、ヘッダ距離と前席ヘッドクリアランスが延長されました。

 

2013年11月7日、「グッドデザイン賞」の中でもっとも優秀なデザインに贈られる「グッドデザイン金賞」が受賞されました。

 

タントという車名の由来は、イタリア語で“とても広い”“たくさんの”などの意味を持ちます。