スーパーセブン620R、310馬力、車重540キロ衝撃の加速力ビックリした。

 


 

間違いなく620Rの加速力は最強!

 

スーパーセブン(ロータス)とは

 

スーパーセブン(ロータス)とは、イギリスのロータスが過去に生産と販売を行っていた、スポーツカーです。

 

「ロータス・マーク6」の流れを汲んだ、チューブラーフレームにアルミ外板を張った、セミモノコック構造をとったオープンホイールのクラブマンレーサーでした。

 

1957年秋のロンドンショーで、ロータス・エリートと同時に発表され、スーパーセブンは、斬新なFRPモノコックシャーシを持っているのが大きな特徴でした。

 

ダブルウィッシュボーンによるフロントサスペンションと、A形アームで、アクスルハウジングの前後・左右の位置を決めるセンターAアーム式リアリジッドサスペンションも特徴になります。

 

これにより、部品点数の削減によるコストダウンと軽量化が図られました。

 

モデルチェンジは、シリーズ1~シリーズ4まで行われました。

 

いくつかのバリエーションの完成品またはキットフォームで販売され、シリーズ4では、当時最新のレーシングカー製作技術を
取り入れたものが採用されました。

 

また、ロータス社内のタイプナンバーも、7から60に変更されました。

 

当時イギリスでは、自動車購入の際の「物品税」が非常に高い傾向にありました。

 

しかし、キットの状態で購入し、自分で組み立てることで、安価で入手することが可能でした。