車を売る前に車検切れになってしまったら…

車検が切れてしまった車の場合、改めて車検を通すよりも廃車を検討する場合の方が多いでしょう。

 

しかし廃車にするにもお金がかかります。

車検や自賠責保険が切れていても廃車にすることは可能なのですが、車検切れの車は公道を走ることができないため解体業者に持ち込むことはできません。

 

そのため、車検や自賠責保険が切れている場合は次のような方法で廃車にする必要があります。

1、解体業者に引き取りに来てもらう
2、仮ナンバーを取得する

 


【解体業者に引き取ってもらう場合】
車を解体業者に引き取ってもらう場合には引き取り費用として1万円程度の費用がかかります。

【仮ナンバー取得について】
仮ナンバーは各自治体から発行され、5~10日間(日数は自治体による)そのナンバーで公道を走ることが可能となります。

仮ナンバー取得に必要な書類
■自動車運転免許証
■自動車車検証または*1抹消登録証明書
■自動車損害賠償責任保険証明書(原本)
■印鑑(三文判でよい)
仮ナンバー取得費用(750円前後)

*1廃車の際の永久抹消登録の手続きを、業者や行政書士に依頼した場合、数千円~1万円程度の費用がかかってしまいます。

廃車は手続きが面倒なうえ費用がかかってしまうのでちょっと厄介なんです。

 

車検が切れたら、そのまま売ってしまおう!

このようにやっかいな車検切れの車。

 

しかしこれを売却することもできます。

 

中古車買取業者では事故車でも買取ってくれることがよく知られていますが、車検切れの車も買取の対象にしています。

 

つまり、廃車にすると費用がかかってしまうところが買取業者に売ると逆にお金を手に入れることができるわけです。

 

車検切れになった事情がどのようなものであれ、早めに処分すればその分高い査定金額が期待できます。

 

維持費用の問題もありますし、車の車検が切れた場合はできるだけ早く買取業者に買取ってもらうのがもっとも賢い方法なのです。

 

廃車する前に無料一括査定

新車・中古車の幅広い情報が提供されていますが、その中に中古車の買取査定サービスもあります。

 

これは複数の買取業者に一括して見積もり依頼を発注できるというサービスです。

 

買取大手では全国400社以上の業者と提携することによって幅広い情報網を築いています。

 

一度に見積もり依頼できる業者の数は最大8社まで。

 

住んでいる地域などに合わせて選択することが可能です。

 

 

車検切れになった車ほど邪魔なものはありません。

 

しかし手間と費用を惜しんでついついそのままにしてしまうことも。売却ならそんな手間と費用を惜しみつつ処分することが可能です。

 

車検が切れてしまってもう廃車しか選択肢がないのかな…と思っている人はまずgoo買取で買取依頼をしてみることをお勧めします。