車の保険と対物

 

車の保険と対物について。


車の保険といっても、ひと口にさまざま。


その中のひとつに、「対物賠償」という保険があります。


比較的ポピュラーな保険なので、ご存知の方の多いのではないでしょうか?

 

対物賠償とは、その名のとおり事故によって相手方の車や物を壊してしまったことで発生する保険です。

 

もちろん、対象になるのは相手方の車や物ですから、たとえ自分や家族の物が壊れてしまっても、対象外になります。

 

また、自分の車を車庫入れのときにぶつけてしまった場合なども対象外になりますので、注意が必要です。

 

車が壊れた、被害に遭った=対物賠償が支払われるわけではなく、事故に遭い、相手方に被害を与えた場合にのみ支払われるのが、
「対物賠償」になります。

 

 

 

●対物賠償が適用される場合


・飲酒運転で事故を起こし、他人の車に衝突、破損させてしまう。
・お店に衝突し、店の一部を壊してしまった。

 

 

これら2つは、対物賠償の対象になり、補償されます。


このように、他人の物を壊してしまった場合のみに、補償されるのが「対物賠償」です。

 

自分の車を不注意でぶつけ壊してしまっても、一切補償されませんので気をつけましょう。

 

ただし、車両保険に加入している場合は、修理代が対物賠償になります。

 

 

ちなみに、対物賠償の補償は、現在“無制限”になります。

 

以前までは、保険会社が支払う金額は1000万円が限度と言われていました。

 

 

私が使った中で一番安くて良かった保険

 

 

SBI損保 自動車保険