車の保険と当て逃げについて


事故にもいろんなタイプがあります。


その中でも困る事故と言えば、「当て逃げ」です。


当て逃げは、読んで字のごとく、他車に当てられ逃げてしまう事故のことを言います。

 

当て逃げも、程度の軽いものなら良いですが、なかには重傷や死亡させてしまうケースもあるので、非常に危険です。

 

当て逃げは、事故に遭わせて加害者である自分は逃げるわけですから、当然罪は重くなりますし、程度が悪いですね。

 

また、逃げられてしまっているため、目撃者がいたり、明確な証拠がない限り、加害者を見つけることは困難だと言われています。

 

自分が当て逃げに遭った場合、また、当て逃げを見てしまった場合、すぐに警察に届けを出しましょう。

 

補償は、「対物賠償保険(加害者)」「車両保険(被害者」が補償されます。

 

自分が当て逃げに遭った場合、車両保険は一般条件となりますので、

 

対象となっていない車(車対車エコノミー+A)などの場合は、当て逃げ事故では対象外になってしまいます。

 

当て逃げによる保険は、軽度であれば等級が下がり、来年以降の保険料が高くなってしまうので利用しないほうが良いケースもあります。

 

ただし大きな事故であれば、利用したほうが良いですね。

 

 

SBI損保 自動車保険