車の保険と全損について

 

車の保険と全損について。


事故で全損してしまうケースは、意外にも多いと言われています。


簡単に全損するような事故が頻繁に起こるはずがない・・・


と思う方が多いと思いますが、実は思いのほか全損事故が多いと言われています。

 

 

全損ですから、当然大きな事故です。


事故による損害は、「損害保険」になるわけですが、損害保険は全損と分損の2つに分けられます。


もちろん、全損と分損では額が異なります。


また、全損なのか分散なのかの判断も、


・全損は被保険自動車の損害が「修理費が保険料を上回る」または「修理できない」


・被保険自動車が盗難された

 

 

 

一方で分散は、損害の状態が全損ではない場合を指します。

 

 

全損での損害保険額は、保険金額/保険価額が低額であることが条件になります。


ここでは全損の保険額についての説明なので、分散については省きますが、全損と分散とでは保険金が異なることを頭に入れておく必要があります。

 

 

特に理解しておきたいのは、


「修理費が車両保険の保険価額よりも上回ってしまった場合」です。


自身の車が全損扱いになっていないか、きちんと確認しておきましょう。

 

SBI損保 自動車保険