OEMに注目して新車の値引きを成功させるコツ

クルマの値引き額を拡大させるにはセリにかける容量で値段を下げていくのがよいです。

 

趣味の性質の強いスポーツカーなどは難しいですが、実用志向の軽自動車・コンパクトカー・ミニバンと
いった競争の激しい車種では効果的です。

 

例えばモコを買う場合は。背の高い軽自動車で価格帯の似通ったムーブ、ワゴンR、ライフなどを引き合いに出して
交渉すると良いです。

 

似たような機能、そして価格帯も同じなので、クルマを購入するユーザーの立場で大変迷う車です。

 

ですので、それらの誰が見ても迷うクルマを例にあげて迷っていますと車の販売店のスタッフに伝えてあげるとなんとか購入してもらおうと車の販売店のスタッフとの交渉の余地が生まれます。

 

また、他のメーカーに供給されるOEM車と製造メーカーブランドの車同士も比較して値引きを引き出すのも有効です。


元は同じクルマで、売り出しているメーカーが違うだけなので、より値引きの条件を引き出しやすいです。

 

モコはスズキ製のOEM車でMRワゴンと同じクルマです。

 

つまりモコとMRワゴンは相互に値引きのため交渉材料になる車です。


またダイハツムーヴとスバルステラも同じ関係です。

おすすめ提携買取査定業者一覧
楽天愛車一括査定
一括査定.com
Goo買取

OEMとは?

 

OEMは「相手先ブランド製造」などと訳されます。

 

製造メーカーが別の会社にクルマを供給し異なる商品名で売り出す事です。

 

例えば、トヨタのピクシススペースは実はダイハツが開発したクルマです。

 

ダイハツではムーヴコンテとして売り出し、トヨタにOEM供給しトヨタでは ピクシススペースというブランドで売り出しています。

 

他にもスズキワゴンRはマツダAZワゴン


三菱ekワゴンは日産オッティーといったOEMの車の販売がみられます。

 

自動車メーカーがOEMをする背景には軽自動車が薄利多売な点が挙げられます。


価格が安いため大量につくらないと採算がとれず、かといって作り過ぎて売れ残ってしまっても赤字になってしまうということでOEMでの自動車販売が軽自動車で良く見られるようになっています。

 

ユーザーから見れば元は同じクルマですから、好きなブランドを選ぶ、もしくは安いほうが選ぶのがお得ですね。